中卒のバカで金無しがカメラ転売を始めたら稼げてお金に縛られない生活を手に入れることができました!

【カメラ転売】初心者向け!最短で稼ぐ為のヤフオク仕入れテクニックを暴露!

吉田 一登
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
吉田 一登
中卒で職場を転々とするダメな人間でしたが、ネット物販ビジネスと出会うことでお金に縛られない生活を手にする。 「楽しみながら稼いでいこう!」をモットーに現在も活動中!

この記事ではカメラ転売初心者向けにヤフオク仕入れのテクニックについて解説します。

 

カメラ転売を始めた初心者の頃って中々仕入れっていってもうまくいかないものですよね。

僕もカメラ転売を始めた初心者の頃はネットの仕入れって写真が全てですし判断がなかなかできませんでした。

 

この記事を見ていただけましたらヤフオク仕入れでのテクニックを理解していただけてガンガン仕入れをしていただけるようになるかと思います。

 

余すこと無くお伝えさせていただきますのでしっかりとお読みくださいね!

 

それではカメラ転売初心者の仕入れテクニックについて解説をします!

 

動画も用意しておりますので合わせて参考にしてください。

カメラ転売の仕入れについて

カメラ転売を行なっていく上で1番のポイントは仕入れです。

カメラ転売に限らずネット物販はそうですが、「仕入れ」「出品」「販売」この3つの流れで成り立っておりますが、その3サイクルの中でも1番大切なものが「仕入れ」です!ココ1番重要!

 

要は仕入れを如何にマスターできるかがカメラ転売で利益を出していくかという秘訣になります。

なので、初心者の方は仕入れは気を緩めず徹底的に行なう気持ちでいてください。

 

こういう意識のもとで仕入れを徹底的に行なうことによって数ヶ月後には仕入れ相場・販売相場が把握できるようになってきます。

 

こうなってくるととても楽に仕入れなどをしていくことができます。

 

ただ、カメラ転売初心者の方が一番躓くのが仕入れですね。この記事を見てくださっている方はこの記事を頭に入れて最も躓きやすい仕入れを乗り越えて一歩先に進みましょう!

初心者の仕入れテクニック

では、今からカメラ転売初心者の仕入れテクニックを解説させていただきます。

 

今から説明することは小手先のことではなくこの先ずっとカメラ転売で利益を上げ続けていく為の礎を築くような方法にもなりますのでしっかりと実践しましょう。

 

資金が増えてきたり転売スキルが上がってくればもっと違う方法もありますが、まずは初心者の方に向けてはこの方法がオススメになります。

 

  • 資金
  • 立ち回り
  • 仕入れ方

 

以上3点に分けて解説をさせていただきますね。

資金

カメラ転売初心者の頃って仕入れテクニックもそうですが、まずは資金面も非常に重要です。

 

始めは余り資金も無い方も多いかと思います。そんな中例えば

資金が10万円あれば、まずは1万円程度の商品を中心に仕入れていくことをおすすめします。

資金が30万程あれば、2~3万円までの商品を中心に仕入れていくことをおすすめします。

 

 

どんなことでもそうですが、資金面はとても重要です!

 

もしもあなたが10万円の資金からスタートして始めていく中で、いきなり仕入れ値5万円のものをポンと買った場合残りは5万円ですよね?

 

ただ、その仕入れた5万円のカメラがなかなか売れなければ資金は凍りついた状態となり残りの5万円で回していかないといけません。

 

まあ、売れにくいというだけで置いておけば必ず売れていきますが、回転が悪いと資金もなかなか増えていきませんね。

 

なので、10万程度の資金からスタートする人は1万円程度の商品を10商品程揃えてスタートすることをおすすめします。

 

また、単価の低いものは回転が良いものが多いので、「売れた!」という実感も持てると思いますし、初心者の頃はこういった形でリスクの分散にもなると思いますのでまずは単価の低いものからスタートしましょう!

立ち回り

カメラ転売初心者の頃はもちろん何もわからないところからのスタートと思いますが、まずはカメラとレンズ全てのメーカーを把握しておきましょう。

 

そして仕入れる際は「ローラー作戦」がオススメです。

 

なぜかと言いますと自分では仕入れる際に「こんなの誰も買わないよ」なんて好き嫌いを決めてしまうということは自分で仕入れの幅を狭めているということです。

 

欲しいか欲しくないかを決めるのは買い手であり、あなたではありません。僕も初めは「こんなの絶対売れない」と思っていた商品がありましたが、いざ仕入れてみるとガンガン売れる商品だったりしたことが沢山ありました。

 

カメラ転売はカメラ本体やレンズに限らず、フラッシュやカメラケースなど利益の出るものは全て仕入れて行きましょう。

 

もしもあなたが仕入れるボディーやレンズを決めてしまったら、カメラ転売で大きな利益を上げていくのはなかなか難しくなってきます。

 

カメラ転売初心者の頃に如何にどれだけの数の商品をリサーチして仕入れていけるかが今後の成長の鍵になりますのでしっかりと覚えておきましょう。

 

網の目(商品の種類)をいかに細かくして求めているユーザーを取りこぼさないかが非常に重要です。

仕入れ方

ヤフオク仕入れは「ストア」「個人」で分かれています。

 

個人から仕入れる際は必ず評価とその他の出品を確認しましょう。

 

要はどういう事かと言いますと個人では本当に不要になったカメラなどを出品している方もいれば、転売屋がわざと個人を装って出品をしている可能性もあるからです。

 

いわゆる転売屋のジャンクIDと言うやつです。下記写真を見てください。

 

この出品者は総評価数41なのに対し良い評価は91.8%でした。

こういった評価の出品者は明らかにおかしいです。評価の詳細を見てください。

 

これは明らかに転売屋のジャンクIDですが、微妙に判断がつきにくい場合はこういった感じで評価のコメントなども確認をすることで、リスクを軽減できます。

 

個人出品者から仕入れをする際に気をつけることは例えば良い評価評価100あって悪い評価2程度の出品者であれば、問題ないと言えます。

 

ただ、上記写真のように良い評価50未満で悪い評価10個ほどもついている出品者は辞めておきましょう。

 

 

また、評価とは別で個人の出品者はその他の出品も確認をしましょう。

 

例えばカメラ以外で骨董品や家電の出品がある場合はリサイクル業者の出品と言えます。

 

逆に個人で出品の文言に「倉庫からでてきた父のものです」とか、「知人に譲り受けました」などと書いているがその他の出品を確認すると、同じ様な文言でカメラばかり出品しているのはジャンクIDの可能性が高いので入札を辞めておきましょう。

 

ストア出品者に関してはこちらは基本的な動作確認をしていたりする業者も結構いますので、そういったところからはガンガン仕入れしていきましょう。

 

また、ストアなどは万が一のトラブル対応もしっかりとしてくれるので安心できると言えます。

 

カメラ転売にだんだん慣れてきて見極めができるようになると、個人出品者からリスクを取った仕入れなども出来るようになりますが、初心者の間はリスクを取りすぎると危険なので転売初心者の頃はリスクの少ない仕入れを心がけるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回はカメラ転売初心者がリスクをなるべく取らないための仕入れ方を解説させていただきました。

 

ただ、上記の仕入れ法を実践してもやはりジャンク品を仕入れてしまうといった事は必ず経験します。

それはそれで一つの経験になり勉強にもなります。

 

今後同じ失敗をしなければ問題はありません。

 

今回の仕入れの方法はこの先カメラ転売をしていく上で非常に重要なことですのでしっかりと頭の中に入れて仕入れに挑みましょう!

 

なにかお問い合わせなどがあればお気軽にお聞きくださいね!

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
吉田 一登
中卒で職場を転々とするダメな人間でしたが、ネット物販ビジネスと出会うことでお金に縛られない生活を手にする。 「楽しみながら稼いでいこう!」をモットーに現在も活動中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 中卒なのに月収100万起業家 , 2018 All Rights Reserved.