中卒のバカで金無しがカメラ転売を始めたら稼げてお金に縛られない生活を手に入れることができました!

【カメラ転売】知らないと大損!転売屋から仕入れをしてはいけない2つの理由を解説!

吉田 一登
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
吉田 一登
中卒で職場を転々とするダメな人間でしたが、ネット物販ビジネスと出会うことでお金に縛られない生活を手にする。 「楽しみながら稼いでいこう!」をモットーに現在も活動中!

こんにちは!カズトです!

 

今回はカメラ転売をしていく上で同業の転売屋からは仕入れをしてはいけない2つの理由について解説をさせていただきます。

 

皆さんは転売をされていて仕入先はヤフオクからという方も多いかと思いますが、ヤフオクには厄介な出品者がいますね。

 

はい、転売屋です。この転売屋からの仕入れだけは絶対に避けないといけません。

過去に転売屋から仕入れてトラブルになったゾウ…

ゾウさん

仕入れは絶対に転売屋からはしてはダメだよ!

カズト

なぜ転売屋から仕入れては絶対にいけないのか?今日はそのあたりを掘り下げて解説をさせていただきます。

 

動画も用意しておりますので併せて参考にしてください。

(どんどん参考になる動画アップしていきますので是非チャンネル登録よろしくお願いいたします!)

それではどうぞ!

カズト

転売屋仕入れとは

転売屋の出品はポイントがあります。下記写真を参照ください。

 

ポイントとしては

  • 背景白抜きのきれいな写真
  • 「希少」「極上品」「驚愕の」などの煽りの文がある

 

こういった出品はほぼ転売屋と思ってください。

 

僕は仕入れる際一旦ウォッチリストに仕入れ対象の出品物をまとめて入れて、1個づつ見ながらビッドマシン(自動入札ツール)に入れてますが、転売屋は全て除外しています。

 

その方が、時間もとらないし精神衛生上非常に効率が良いからです。

 

その理由を下記で説明させていただきます。

(※ビッドマシンをまだ使われていない方は記事最後にビッドマシンの使い方の記事を添付しておきますので参考にしてください。)

転売屋から仕入れてはいけない理由(1)取り消しされる

まずはこれです。今では一切転売屋に入札をかけなくなりましたが、初心者の頃はわからないので写真がきれいに撮っているから普通に入札をかけたりしていました。

 

そのオークション終了間際であまり値段が上がりきらず「よっしゃ!これは安く落札できるかも!ラッキー!!」なんてテンション上がっていたのも束の間、直前で出品取り消しをされます

 

一生懸命オークファンの落札相場を見てリサーチしたのに結局パーです。

 

今はカメラ転売を始めてから2年経っているのでわかることなんですが、あんなにキレイに写真も撮って値段が上がりきらない理由って、もうほかのバイヤーにも「こいつまた直前で取り下げるな」とバレてしまっているんです。

 

なので、その他のバイヤーも入札かけても一緒なんで入札自体入らなくなって来ているんですね。

 

カメラ転売は副業でされている人も多いと思いますので、これは正直言ってめちゃくちゃ時間の無駄ですので気を付けましょう!

転売屋から仕入れてはいけない理由(2)返品バトルがある

初めにも言いましたが転売屋の出品には特徴があります。

 

「奇跡の極上品」といった誇張されたタイトルだったり。

 

ただ、タイトルが煽っているからダメなのかというとそうではなくて、出品説明文をしっかりと確認すると、

 

「レンズ内に多少の曇りはありますが通常撮影には影響ないです」といった感じで書かれていることがあります。

 

この文章見て何か気づきますか?

 

要は「通常撮影は問題ないが環境によっては撮影に影響がある可能性がある」ということです。転売屋はこんな感じで上手く書いて出品をしたりします。

 

また「外観極上品!」というタイトルもよく見かけますが、これは「外観の見た目はめちゃくちゃキレイけど動作には問題あります」と言っています。

 

そんななかタイトルに「極上品と書いてるから動作も間違いないやつだ!」とおもって仕入れをしてしまうときっちりジャンク品だったりします。

 

コチラとしてはもちろん出品者に返品を要求しますが、確実に言われることは「外観は極上品と書いてるが完動品とは書いていない」といった感じで言われたりします。

 

何も知らない人間にわざと勘違いをさせて高値で落札させて後は突っぱねてきたりします。

 

返品は突っぱねられるか、運が良くて返品は受けてくれたりしても落札者都合の返品だからと言われ、落札金額の10%請求と落札手数料と送料はきっちり取られたりしますので注意してください。

素人を装った転売屋にも注意!

転売屋が転売屋として出品しているものは先程にも述べたとおりスグに分かるのですが、注意しないといけないのは「素人を装った転売屋がいる」ということです。

 

これはどういったことかといいますと、転売屋も仕入れは同じヤフオクなどで個人出品者から「動作未確認物」などを安く仕入れて販売をします。

 

ただ、その転売屋の仕入れた商品がもしもジャンクだったとしてもその商品は売らないといけないですよね?

 

そういった時、転売屋は別アカウントでわざとキレイな写真ではなくスマホなどでアングルも微妙な感じで撮って、ジャンクを「動作未確認」として捌きます。

 

この時の文章も相手に「もしかするとこの出品者は本当に素人で確認方法がわからないだけで実際は動くものなのかも?」と思わせるようにしています。

 

ただ、出品しているものは動作未確認と書いていますがもちろん全てジャンク品なので、スグに評価に反映されてきますので、素人を装った転売屋を見分けるのは評価を見ましょう。

 

下記写真を参照してください。

 

総合評価たった41で出品時の評価が88.6%とかマジでやばいですw

 

あと、合わせて確認していただきたいことがあります。評価の内訳も見て評価のコメントも確認をしましょう。

 

これを見たら一撃でわかると思います!後は入札を掛ける前に「出品者のその他の出品物」を見てカメラ関係のものが複数出品されていたら間違いなく転売屋です。

 

こういった出品者から仕入れてしまっては確実にジャンクが届きますので注意してくださいね!

 

入札を手動でされている方はこの記事を参考にして自動入札で効率的に仕入れをしましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は転売屋から仕入れてはいけない2つの理由と、素人を装った転売屋について解説をさせていただきました。

 

ネットでのやり取りなので、100%ジャンクなどを避けることは出来ませんが、最低限のリスクヘッジはするようにしましょう。

 

なにか不明点があれば気軽に聞いてください!

お問い合わせはこちらから

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

ありがとうございました!またね!

カズト

この記事を書いている人 - WRITER -
吉田 一登
中卒で職場を転々とするダメな人間でしたが、ネット物販ビジネスと出会うことでお金に縛られない生活を手にする。 「楽しみながら稼いでいこう!」をモットーに現在も活動中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 中卒なのに月収100万起業家 , 2019 All Rights Reserved.