中卒のバカで金無しがカメラ転売を始めたら稼げてお金に縛られない生活を手に入れることができました!

【カメラ転売体験談】赤字が怖い…ミクロよりマクロの考えで不良在庫を0にする方法

吉田 一登
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
吉田 一登
中卒で職場を転々とするダメな人間でしたが、ネット物販ビジネスと出会うことでお金に縛られない生活を手にする。 「楽しみながら稼いでいこう!」をモットーに現在も活動中!

この記事ではカメラ転売において赤字に対する考え方の解説をさせていただきます。

 

カメラ転売初心者の頃って仕入れもあまりうまく行かず、動作未確認のものだけどせっかく仕入れたカメラがジャンクだった…こんな経験ありませんか?

 

そんな時あなたはこんな事を思いませんか?

 

  • うわ…こんなカメラを販売しても赤字だ…
  • モチベーションが下がる
  • 次に仕入れるのが怖い…

 

こんな風に考えてしまって次の仕入れが行くにいけなくなっているのはありませんか?

 

ただ、実際は数個程度の赤字なんて問題は無くあなたがカメラ転売において「ミクロよりもマクロ」の考え方になれていないからだと思います。

 

この記事をお読みいただけましたら、きっと1個だけの利益や赤字にとらわれず「ミクロよりもマクロ」の考えが理解していただけて、赤字を恐れずガンガン仕入れていけるようになるかと思います!

 

余すこと無くお伝えさせていただきますので最後までしっかりとお読みくださいね!

 

それではカメラ転売を行っていく上で「ミクロよりもマクロ」の考えが非常に重要な理由を解説していきます!

 

それではどうぞ!

カメラ転売での赤字の位置づけとは?

皆さんはネットを叩けば「カメラ転売は儲かる!」といった記事なんかを見たことはあるかと思いますが、赤字って出ないと思いますか?

 

答えは「赤字は出る」です。

 

ただしこれには意味がありまして物販を行っていく上で重要な考え方「ミクロよりもマクロ」の考え方によるものですね。

 

あなたがカメラ転売をやっていく上でこの「ミクロよりもマクロ」という考え方は非常に重要なものとなります。

 

この考え方を知らなければ赤字に対しての何の抵抗力もないままビジネスをしているようなものです。

 

初めにも言いましたが赤字は必ず出るものです。仕入れをしていて「あ!コレは確実に利益確定だ!」と思えるケースももちろんあります。

 

ただしヤフオクなどの仕入れで「動作未確認だから動けば利益、ジャンクなら赤字」といった感じの仕入れもあるかと思います。

 

そういった時にこの「ミクロよりもマクロ」という考え方はとても重要になる考え方です!

 

まず、この考え方を理解していなければ、あなたの仕入れ数は増えることは無いとお思います。要はそれが何を意味しているかといいますと利益が伸びない、ということになります。

 

人というのは誰でも損をしたくないですよね?なので敢えて損をするかもしれないと分かっている物の仕入れを行うことなんてしません。

 

あなたもそこにブロックがかかっているのなら、赤字が出るかもしれないと恐れるあまりガツンと利益の出る商品を

逃している可能性があります。

 

逆に赤字に対しての抵抗がなければ、動作未確認のカメラであっても利益が出る!と思えばガンガン仕入れていくことができますよね?

 

でも、やっぱり初めたばかりの頃にマイナスの額は関係なく赤字を出してしまった…となれば次に仕入れるのって怖くなりますよね?

 

僕も転売をはじめて2ヶ月くらいの頃にコンタックスT2を得意商品として結構仕入れてたんですけど、ガンガン赤字が出て次に仕入れる商品もまた赤字が出てしまうのでは…?と、勘ぐっていた時期がありました。

 

その頃の利益率はそういった赤字商品が多くかなり低かったですけど、僕が入部していたカメラのスクールの先生から「1個よりももっと大きな括りの利益で考えましょう!」と今僕がお伝えしている事を理解して実践してからは利益や利益率は改善することができました。

 

カメラ転売は目先の利益や赤字よりも先の大きな利益を意識して目の前の赤字をビビらずに仕入れていけるか?というところがガツンと利益を上げていける秘訣になります!

 

もう一度言います!カメラ転売では数多く仕入れた商品の中には必ず赤字が出るようなものもあります。この考えをしっかりと頭の中に入れておいて下さい。

 

何故なら動作未確認の物以外にもカメラ転売初心者の頃って、カメラの商品名は同じでもシリーズを勘違いして仕入れてしまって赤字になったり、オークフリーで相場の読み間違いなんてのがありますから。

 

なので、絶対に1個のカメラからも赤字は絶対に出したくない!という考えは捨てましょう。こういう考えを頭の隅っこにでも置いておかないと万が一赤字が出てしまった時の精神的に辛くなっちゃいますので。

 

もしも仕入れをミスしてしまってコレは利益が出ないな…といった場合はその商品は赤字でサクッと売ってしまいましょう。

 

その理由は例えばあなたがカメラを1万円で仕入れたとします。

 

それを「いつかは少しの利益だったとしても売れるかもしれない」と思い、半年以上寝かせておくよりも、3千円マイナスでも7千円でサクッと売ってしまって、それで手にした7千円を元に新しい商品を仕入れて販売に繋げたほうが1ヶ月と言う大きな括りで考えると圧倒的に利益になるからです。

 

そういう意味から考えると、もしもあなたが現在在庫に半年以上も売れていない商品があるのであれば一旦売り切ってしまって回転させたほうがよっぽど稼ぐことができます。

 

誰でも始めは「赤字なんてありえない」と思うかと思いますが、こういった考えに初めの方から慣れておくと赤字に対して寛容的になれますし大きな利益に繋げていくことができます。

ミクロよりもマクロな考えとは??

ミクロよりもマクロとは、カメラ転売で置き換えていいますと、「たった1個のカメラの利益だけで考えるのではなく、1ヶ月といった大きな利益で考えましょう」ということです。

 

どういうことか詳しく説明させていただきます。

 

例えばあなたがカメラ転売で1ヶ月に200個販売して10個の赤字が出たとします。ただし190個は大なり小なりの利益は出ているわけですね。

 

なのでたとえ10個赤字だったとしても190個も利益が取れているのでしたら全く問題なくその月は黒字ですよね?

 

こういった感じでたった1個の赤字を気にするよりも全体の利益を重視しましょう!

 

僕が言うミクロとは商品の1個という意味です。逆にマクロと言うのは1ヶ月といった大きな括りのことです。

 

「じゃあ赤字が出る商品を仕入れないようにしていけばもっと稼げるんじゃ?」と思った方もいるのではないでしょうか?

 

誰でも赤字の商品をなくすことができれば黒字商品のみなので利益って上がると思いますよね?

 

答えは「NO」です。

 

なぜかと言いますと僕たちが扱っている商品は中古品です。とても古いものもあるので出品されている方は本当に動作確認の方法もわからず、動作未確認として出品をします。

 

そんな中、例えばヤフオク仕入れで完動品のものだけを狙ったとして、完動品なんてどれだけの数があるのでしょうか?

 

そういう意味から考えても必ず仕入れ数は減ってしまうのです。

 

例えば1ヶ月に100個仕入れて赤字が5個と、1ヶ月50個仕入れて赤字が0個。これ、どちらが利益出ていると思いますか?

 

正解は100個仕入れて5個赤字の方です。

 

1ヶ月に100個カメラを仕入れて赤字が5個でしたら、1ヶ月に50個しか仕入れていないものよりも仕入れ数が圧倒的に違うので確実に大きな利益になります。

 

たとえ赤字が10個であったとしても50個しか仕入れをしていないものよりも利益は大きいでしょう。

 

「その10個の赤字の商品の中に1個数万円もマイナスになるものがあるかも?だから100個赤字覚悟で仕入れるほうが正しいとは思えない」

 

なんて思う方もいるでしょう。

 

ただ、あなたが例えば動作未確認のカメラを3万円で仕入れたとします。それが運悪くジャンクだったとしましょう。

 

ただ、動作未確認には動作未確認の相場があり、必ずその相場で売れていきます。なので手数料くらいの赤字にはなるかもしれませんが1個数万もといった赤字にはなりません。

 

そういった意味から例え5個・10個の赤字商品を仕入れてしまったとしても仕入れ数が多いほうが1ヶ月で考えると圧倒的に大きな利益になるのです。

 

この考え方の違いこそがカメラ転売で大きな利益を上げることができない原因でもあります。

 

ジャンクを仕入れたくない、赤字を出したくない!という考えから仕入れ数が減ってしまうという負のスパイラルの陥ってしまってカメラ転売で稼げなくなってしまうのです。

 

稼げない=資金が増えない=絶対に赤字を出してはいけないという考えに陥る=仕入れることができない=稼げない、という負のスパイラルですね。

 

勝ちに行くためには少しのリスクを取るという姿勢は非常に重要です!万が一赤字が出てしまっても何がダメだったのか?と改善をしてガンガン行動を取って行きましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回はカメラ転売を行う上で非常に重要な考え方をご説明させていただきました。

 

あなたが本気でカメラ転売を行う上でとても重要なことなのでしっかりと頭に入れて実践していきましょう!

 

なにかお問い合わせなどがあればお気軽にお聞き下さいね!

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
吉田 一登
中卒で職場を転々とするダメな人間でしたが、ネット物販ビジネスと出会うことでお金に縛られない生活を手にする。 「楽しみながら稼いでいこう!」をモットーに現在も活動中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 中卒なのに月収100万起業家 , 2018 All Rights Reserved.