中卒のバカで金無しがカメラ転売を始めたら稼げてお金に縛られない生活を手に入れることができました!

【eBay輸出】気をつけろ!バイヤーの巧妙な詐欺の手口から守るためにするべき事を解説!

吉田 一登
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
吉田 一登
中卒で職場を転々とするダメな人間でしたが、ネット物販ビジネスと出会うことでお金に縛られない生活を手にする。 「楽しみながら稼いでいこう!」をモットーに現在も活動中!

こんにちは!カズトです!

 

今回はeBay輸出で悪質なバイヤーからの詐欺の手口から身を守るためにするべきことを解説させていただきます。

 

ヤフオクでも「ナイジェリア詐欺」という詐欺があるようにeBayでも詐欺があります。

 

なかなか詐欺に合う確率も少ないかもしれませんが、万が一そういった場面になった際しっかりと対応方法を理解しておくことでスムーズに対処できることもありますので覚えておいてください。

 

動画も用意しておりますので併せて参考にしてください。

(どんどん参考になる動画アップしていきますので是非チャンネル登録よろしくお願いいたします!)

それではどうぞ!

カズト

eBayにおいての詐欺の種類と対処方法

では、今からeBayで実際に詐欺に合う可能性が高いとされる事例と、その対処方法に付いて解説をさせていただきます。

 

違う住所に送ってほしい

あなたの商品がeBayで購入された後、eBay内のメッセージにてバイヤーから「商品の発送はこっちの方に送ってほしい。」と言われることがあります。

 

 

こういった感じですね。

 

バイヤーに言われて親切心から言われたままの住所に送ると、数日後バイヤーから商品未着としてケースオープンされてしまうことがあります。

 

eBayは基本的にPayPalに登録している住所にしか送ってはいけませんので、あなたは正しい住所に送っていないとされてしまいバイヤー有利の判断をされ強制返金になることがあります。

 

また、そうなってしまうとPayPalのセラープロテクションを受けることができなくなってしまいますので注意しましょう。

対処方法

あなたの心情としては「バイヤーの言う住所に送らないと取引キャンセルされるんじゃ…利益がほしい!」と思われるかもしれませんが、この場合必ず断りましょう。

 

英文は下記です。

「I only ship to the address I registered with PayPal.
It is because you can not receive compensation when sending it out.
Thank you.」

 

和訳:「私はペイパルに登録した住所にしか発送しません。
発送した際に補償を受けることができないためです。
よろしくお願いします。」

 

こんな感じで送りましょう。まず、詐欺以前にPayPal以外の住所に発送をした時点であなたのSellerAccountに傷が付いてしまいます。

注意してください!

カズト

目先の利益以外に何も得はないのです。なのでメッセージを送った後あなたから取引のキャンセル手続きをしていきます。

 

下記を参照してください。「My eBay」→「Selling」→「Orders」→「Awaiting shipment」と進んで行き、該当商品の下三角印(赤丸)から「Cancel orders」を選択しましょう。

 

そしてキャンセル理由である、「Something was wrong with the buyer’s shipping address」を選択しましょう。バイヤーの方がこの商品が本当に欲しい場合は、PayPalの住所を変更して下さいと言った時対応するはずです。

商品未着詐欺

この事案はあなたが商品発送後、「商品が届かない」と言いケースをオープンされてしまい、

 

商品代金を全額返金された後に、商品到着→PayPalからあなたが請求書を送っても、

 

支払いをせずに逃げられ商品も代金も奪われてしまう事案です。

対処方法1

まず、基本的なことですが必ず「追跡番号が発行される発送をする事」です。

 

eBayの規約としても追跡番号をアップロードしないといけませんのでやめてください。

 

僕自身は未だ未着詐欺に引っかかったことはないですが、僕が所属していたスクールの生徒さんはドイツで居留守を使った詐欺に遭われたみたいです。

 

通常送った商品がドイツまで届いてバイヤーが受け取り拒否したとしたら、商品の追跡のステータスは差出人に返送になります。

 

また、バイヤーが電話をかけて商品のキープの連絡を入れれば「受け取り待ち」や「私書籍保管」などにステータスは切り替わりますが、もしもバイヤーが居留守を使った場合は担当局で保管になります。

 

通常であれば「不在持ち帰り」などの後に担当局保管になるケースもあるんですが、いきなり保管になる。

 

そしてこちらが連絡などをしても期限が来てしまったらeBayにエスカレーションされて強制全額返金させられて、その後悠々と商品を受け取られるという…

 

そんな悪質なバイヤーは後にPayPalからこちらが請求書を送ったとしても確実に逃げてしまうでしょう。

 

このような未着詐欺は今の所泣き寝入りしかないのです…

泣き寝入りとかまじで辛いですね…

カズト

なのでそうならないために下記の対処方法を覚えておきましょう。

対処法2

上で解説したような未着詐欺に遭わないために「バイヤーのアカウント状態を確認して取引しない」ということです。

 

アカウント状態の確認としては

 

  • バイヤーのeBay評価を確認する
  • バイヤーの名前と住所をGoogleで検索してみる
  • eBayやPayPalに問い合わせをする

 

といった感じであなたの取引をしようとしている人物の詳細を確認しましょう。

おかしいと思ったらまず確認!

カズト

頻繁にeBayで詐欺をしているバイヤーは他のセラーからのReport Buyerが複数上がっていることが多く、アカウントを維持できません。

 

また、確実ではないですがGoogle検索にも相手の犯罪歴があれば情報が出てきたりしますし、PayPalにも念のために問い合わせをしてみて以下を確認してみましょう。

 

  • このメールアドレスは取引しても問題ないのか?
  • 今までに多くのチャージバックやクレームを高額商品に対してしたりしていないか?

 

という感じで聞いてみましょう。

 

またeBayにもあなたの取引しようとしているバイヤーに問題がないのか確認をしましょう。あなた自身も購入された後バイヤー自身にメッセを送って少しでも変だな?と思ったら取引をしないというのも1つの手です。

 

特に僕たちは基本的に高額な商品を扱っていますのでそのあたりは慎重に進めていく必要があります

「商品が壊れている」や「違うものが届いた」詐欺

商品自体は無事に届いたものの、後日バイヤーから「この商品は壊れている!」や「違うものが届いている!」とクレームを言ってくることがあります。

 

もしもあなたがそこまで高くない商品だったとしたら返送費用考えたら全額返金でいいかな…。と思う方もいるでしょう。悪質バイヤーはその心理を解って全額返金を狙ってきます。

 

また、返送してほしいといった後、商品は戻ってくるが同じ商品の元々バイヤーが持っていたであろう壊れていた商品を不良品として送り返してくることもあります。

 

僕のスクールの講師は無在庫輸出で高級時計を販売した後、返品を要求したら数十万円もする高級時計が明らかにちゃっちい時計で帰ってきたという事例も聞いてます(汗)

これは最悪ですね…

カズト

ただ、あなたが検品した時に間違いなく正常品であったとしても、扱っているものは数十年も経った商品で一度あなたの手を離れているわけですから本当に壊れている可能性だってありますので見極めが重要ですが対処法はこちらです。

対処方法

商品の発送前に高額の商品である場合は必ず補償をつけるのはもちろんのこと

 

  • 商品のシリアルナンバーを必ず控えておく
  • 動作確認時の動画を撮影しておく
  • 梱包時の様子を撮影しておく

 

ということですね。要は何においても証拠を残しておくことが重要です。

ポイントです!

カズト

こういったことはバイヤーにエスカレーションされた時の判断材料となりますので、僕自身必ず商品のシリアルナンバーは撮影していますし、10万を超えるような高額商品は動作に問題がないことを動画で撮ったりもしています

 

ただ、海外の郵便事情は日本と違い発送事故による損傷もあるため必ず

 

  • 商品の壊れた箇所の写真を送ってもらうこと
  • ダメージレポートを郵便局に出してもらう
  • 破損の証拠となるダンボールは必ず持っててもらう

 

これらを伝えましょう。

 

これらのことはん本当に商品が壊れていたのであればバイヤーは対応してくれるはずです。一方詐欺だとこういったことは面倒なので返事が来なかったりします。

商品の一部返金詐欺

届いた商品に何かしらのクレームを言ってきて一部返金を狙ってくるバイヤーもいます。

 

商品の梱包が雑すぎるだとか、届くのが遅いとか…そんな小さなことでクレームを言ってきます。これらは安い商品を買う人が言ってくる傾向にありますね。

 

俗に言うクレーマーです。

対処方法

確実なクレーマーとわかればわざわざ相手の要望に答える必要もないので「返金は断ります」と言ってもいいかもしれません。

 

ただ、ココで注意しないといけないのはあなたが返金を拒んだらネガティブフィードバックを付けて嫌がらせをしてくる可能性も否定出来ないので、小額でしたら一部返金してもいいかもしれません。

 

万が一あなたに悪い評価が付いてしまったらeBayを運営する中で致命的なことですから。

 

僕なら一部返金してそのバイヤーはブロックして今後2度と取引できないようにします。下記にバイヤーをブロックする方法の記事を添付しておきますので参考にしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回はeBayであなたの身にも起こりうる詐欺の事例と、その対処方法に付いて解説をさせていただきました。

 

こういった知識を予め付けておくことで防げることは多いのでぜひ覚えておいてください。

 

なにか不明点があれば気軽に聞いてください!

お問い合わせはこちらから

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

ありがとうございました!またね!

カズト

この記事を書いている人 - WRITER -
吉田 一登
中卒で職場を転々とするダメな人間でしたが、ネット物販ビジネスと出会うことでお金に縛られない生活を手にする。 「楽しみながら稼いでいこう!」をモットーに現在も活動中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 中卒なのに月収100万起業家 , 2019 All Rights Reserved.